プレテック株式会社

「挑戦」

不変のものとして掲げるプレテックの企業理念、それは「挑戦」です。いつ、どのような状況でも、あらゆる可能性を追い求め、決してあきらめることなくやり通す。
技術革新における研究・開発活動はもちろん、すべての事業活動でこのポリシーを貫いています。

NEWSお知らせ

ABOUT USプレテックとは

金型設計から精密加工、樹脂成形まで一貫して行っている部品メーカーです。とくに小物の超精密部品を得意としており、微細化が進む電子部品を中心にお客様のご要望にお応えしております。
※当社はタツモ株式会社グループです。

微細化が進む電子部品に応える
超精密金型技術

部品製造に欠かせない金型技術は創業時からのコア技術です。培われ蓄積されたノウハウと技術は、微細化が進む電子部品におけるサブミクロン単位の超精密金型製造というカタチで現代に息づいております。

短納期・高品質を実現する
一貫生産体制

設計から加工(切削・研磨・放電)、量産(成形)まで、一貫した生産体制で、お客様の様々なニーズにお応えしております。成形品には、金型の品質・ 連続生産への耐久性・メンテナンス性が求められます。我々の経験と実績、そして一貫体生産体制は他社に対して大きなアドバンテージを持っております。

WORK 業務内容

金型
製作

精密金型製作、精密部品加工部門は、精密金型の豊富な経験と加工技術により、ユーザー様のご要求される製品に対して、金型設計からサンプル出し、型図支給からトライ・サンプル出しといった幅広いニーズにお応えします。

射出
成形

射出成型部門は、金型製造部門との連携で、超精密加工と短納期対応力によりお客様の信頼を頂いており、医療器具部品・自動車関連部品・家電機器部品・産業機器部品など数多くの精密部品を供給しています。

エンボス
成形

エンボス成型部門も、金型製造部門との連携により短納期・高精度成型品への対応を可能としており、電子部品メーカー様を中心に厳しい品質と納期要求に対応する体制を確立しております。

成形品
組立

組立部門は、射出成型品を使った組立作業を部品メーカー様から受託しており、成型を含めた品質・納期の要望にお応えしております。

PRODUCTS 製品紹介

※詳細はタツモ株式会社のホームページをご確認ください。

金型製作

豊富な経験と技術により幅広い精密金型の設計、製作を行っており、お客様のご要望にお応えしております。

射出成形

20t~130tと小型成型機を揃えており小物の精密成型に最適な体制を整えております。最新の材料にも対応できる成型機も積極的に導入しており、様々なニーズにお応えしております

エンボス成形

空圧・プレス・ロータリーの3方式の成型機を揃えており、ポケット形状、材質、テープ幅(8mm~104mm)などの様々な条件に合わせたエンボスキャリアテープに対応しております。

精密部品

高精度な設備、管理された環境、さらに熟練した技術者により、高品質な部品を安定して製作しております。微細放電加工機の導入により立体形状のマイクロ加工のご要望にお応えしております。

INFORMATION 会社情報

会社概要

会社名
プレテック株式会社
設立
昭和30年5月26日
資本金
3,000万円
所在地
本社・工場
〒715-0004 岡山県井原市木之子町2750番地
TEL.0866-62-0770(代表)FAX.0866-62-8998
役員
代表取締役 河上 賢二
取締役   亀山 重夫
取締役   武田 秀樹
監査役   多賀 義明
従業員
85名 (2021年4月現在)
関係会社
タツモ株式会社(100%出資元の親会社)

事業内容

精密金型の設計製作、精密部品加工、射出成型によるプラスチック製品の製造
エンボス成型によるキャリアテープの製造、電子部品の組み立て、前各号に付帯する一切の業務

沿革

昭和30年5月
合成繊維物製造及び繊維製品の加工販売を目的として新興繊維株式会社を設立(井原市)
昭和31年4月
東レ(株)指定工場として合繊混紡糸織物の生産開始
昭和40年7月
合成樹脂フラットヤーンによる産業資材織物に進出
昭和45年7月
PPフラットヤーンの生産開始、原糸から織物までの一貫生産工場となる
昭和53年8月
電子部品、抵抗キャップのメッキを開始
昭和56年12月
合成繊維より撤退
昭和60年3月
合成樹脂フラットヤーン織物及び繊維部門より撤退
昭和61年7月
プラスチック成型品(キャリアテープ・大型ブロー成型品)の生産開始
平成 4年11月
電子部品、抵抗器キャップのメッキより撤退
平成 7年7月
本社及び、本社工場を井原市木之子町2750番地へ移転
平成 7年7月
社名をプレテック株式会社に変更
平成 7年7月
精密射出成型品の生産開始
平成11年12月
大型ブロー成型より撤退
平成12年10月
タツモ株式会社が全株式を取得し子会社になる
平成12年11月
工場内の改装完了、キャリアテープ成型機を移設射出成型部門との一体工場として生産開始
平成16年4月
電子機器組立、受注開始
平成22年10月
金型の設計・製作から成型までの一貫生産開始
平成28年4月
成形品の組立加工開始